プレス加工

 プレス加工は金型を使用して金属材料等を強圧し、せん断、曲げ、成形、絞りなどを行う技術です。
鍛造することにより金属の結晶を微細化し、強度と靱性が増すという利点があります。型鍛造は寸法精度が高く、かつ生産性も高いということから多くの生産現場にて活用されています。また近年型抜きのスピード、位置、加圧力を任意にサーボ制御出来る「サーボプレス」が開発され浸透しつつあります。

 浜本テクニカルは現在約80台近くのプレス機を保有しております。
主に鍛造プレス機を使用したチタン、洋白、アルミやNT合金の冷間鍛造生産が大半を占めています。また条件を任意に調整出来るサーボプレスや、メガネ業界では最大の630tプレス、潰しなどに使用するナックルプレスなど様々な用途に応じて使い分けています。浜本テクニカルには金型部門もあり、プレス部品製造部門と連携がとりやすいことから精度、品質には常に厳しく心がけています。


加工品サンプル

※画像をクリックすると拡大します

  • 加工品サンプル1
  • 加工品サンプル2
  • 加工品サンプル3
  • 加工品サンプル4

設備

630t 鍛造プレス

メーカー AIDAエンジニアリング
型式 :K1-630
台数 :1台
能力 :6,300kN (630t)

当社最大のプレス機です。メガネ業界では最大型です。

200t サーボプレス

メーカー コマツ産機
型式 :H1F200
台数 :1台(他小型サーボプレスが3台)
能力 :2,000kN (200t)

加工モーションはフリーに設定できますので、薄板抜き、精密な成形曲げ加工に抜群の性能を発揮します。


加工技術者

プレス加工担当:水落

どの業界でも同じだと思いますが,最近は品質,納期,単価はますます厳しくなってきています。
お客様の要望に応えられる良い製品を早く安く作る事!!
これは常に私たちに向かってくる課題であり使命です。
何でもやってみせます。是非ご相談下さい。