部品製造部門

 この部門では、メガネフレームの各部品の製造を行っています。

 昭和55年、県内で初めて純チタンを使用した部品製造を手がけ、以来どこよりも豊富なノウハウを身につけ、品質や加工技術などあらゆる面で高い評価を得ています。こうした難易度の高い部品を早く、大量に作れる技術力や生産力を武器にいちはやく海外戦略を描き、すでに大きな成果をあげています。

 今後は3次元へのこだわりとさらなるハイテクの導入によって、究極の自動化システムの確立を目ざしています。